アフィリエイト広告が入っています

【ラフェヴァリ】口コミを紹介!まずいのは本当?どのチョコが美味しいか紹介!

アイキャッチ画像引用:ラフェヴァリ公式サイト

ラフェヴァリはフランスのチョコレートブランドです。

カカオの風味が大変特徴的です。

純粋なカカオバターを使用しており、

カカオ本来の風味を味わえるチョコとなっています。

以下のようなチョコです。

カカオ本来の風味を楽しみたい方が選びそうなチョコであります。

カカオ風味がとにかく好きな方が買おうとする一方

バレンタインの定番すぎるブランドは売り切れだし、有名すぎないブランドで何か買いたい、、

といった、バレンタインチョコのブランドで第二希望として選ぶ方もいらっしゃるかと思います。

そこでこの記事では

  • ラフェヴァリのチョコがどのように美味しいのか
  • ラフェヴァリのチョコが美味しい理由
  • ラフェヴァリのチョコの口コミ

といった点について、紹介します。

[quads id=1]

目次

【ラフェヴァリ】どのチョコが美味しいか、理由とともに紹介!

どの味も美味しいですが、プラリネ・ノワゼッツ・ピエモンが人気です。

濃厚なミルクチョコレートです。

公式サイトにも

ヘーゼルナッツを練り込んだ濃厚なミルクチョコレート。

ラフェヴァリ公式サイト

と記載されています。

濃厚なミルクチョコレートですが、

甘すぎず、食べた時の甘い感覚が、食べた後にスッキリと引いていく点が美味しいと好評です。

ミルクの甘さが後味まで残らないので、

ミルクチョコレートを少し試したい方にはおすすめです!

実際、以下のように、ラフェヴァリはビターなチョコが好きな方にはおすすめといった声まであります。

以下のチョコレートは、ラフェヴァリのチョコの詰め合わせです。

いろんな種類が入っていますので、

ミルクチョコレート以外の種類が好きな方にもおすすめです。

買う場合、ネットであれば、売り場でどのくらい並んでいるかなど考えなくてすみますし、楽です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

【ラフェヴァリ】まずいという声はある?

美味しいというのはわかっても

後味がスッキリするのはわかるけど、後味がする前の、チョコを食べている時の味はどうか?

と思うかもしれません。

まずいという声はありませんが、外国の味ということで慣れないかもしれません。

推測にはなりますが、海外のチョコなど

バレンタインの定番のブランド以外のチョコだと、味が慣れないのかもしれません。

実際、チョコの香りがかなり強く、箱を開けた時にかなりチョコの匂いがするという声があります。

【ラフェヴァリ】美味しいのに変わりなし!

ラフェヴァリは海外の味ということですが、では食べるにあたって味はどうでしょうか。

どの国のチョコでも、味が美味しいということに変わりないです。

味は慣れていないけど、美味しいのであれば問題なさそうです!

例えば、以下のようにクールルージュが美味しかったという声があります。

クールルージュは、作られ方も特徴で、世界初技法で精巧に作られた点も特徴です。

以下のように、クールルージュはコーティングが薄くて食べやすい

という声があります。

見た目ですごいと思ってすぐに買う方も多いと思います。

ネットであれば、店頭での混雑具合を気にしなくて良さそうです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

【ラフェヴァリ】口コミも紹介!

後味がスッキリするのでわかった

外国風のチョコでも美味しいのでよかった

実際に買うのに他に何か問題はないだろうか、、、?

と思うかもしれません。

他にどのような口コミがあるでしょうか。

高すぎなくてちょうどいい!

海外の有名チョコは無理だけど、ラフェヴァリはおいしいという声があります。

買いやすいし、美味しいし、ラフェヴァリもチャレンジしても良さそうです!

【ラフェヴァリ】味を紹介

ラフェヴァリのチョコは

ボンボンショコラ+トリュフが合わさったものです。

(ボンボンショコラは、一口サイズのチョコのことです)

味の面では、クーベルチュールが入っているため、

チョコの中で35%以上がカカオとなっており、カカオの味が詰まっています。

(35%以上はチョコの中でもかなり高いです)

まとめ

ラフェヴァリのチョコの口コミ(まずいのか、どのように美味しいのか)といった点について紹介しました。

味の感じ方は違っても、カカオの含まれる割合は大変高いため、一度は試してみても良さそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

何もない自分だけど継続することはできる。
「考え方」をモットーに発信していきます。

コメント

コメントする

目次