リンツの中で本命ならこれがおすすめ!ラッピング方法で差がつく!【バレンタイン2023】

アイキャッチ画像引用:リンツ公式サイト

スイスのプレミアムチョコレートブランド「リンツ」は、

バレンタインの時に有名で、どのチョコにするか迷うかと思います。

そんなリンツですが、

リンツのチョコはどれがおすすめか

ラッピングなど他にないかな、、

など疑問に思うかと思います。

この記事では、そういった内容について紹介していきます。

目次

リンツのチョコレートならLindor(リンドール)がおすすめ!【バレンタイン】

Lindor(リンドール)が一番おすすめです。

ギフト用のチョコだと、18種類23個で3000円くらい(一個100円くらい)です

(上記はオンラインで買った場合)

チョコレートの感覚がいい感じ!

リンツは20種類以上ものフレーバーがありますが、リンツは特に

究極のなめらかなチョコレートの感覚が、他に無いくらい評価が高いです。

元々、リンドールは2層構造になっていて、チョコレートをチョコレートが包んでいます。

2層構造になっているにもかかわらず、クセがなく、甘すぎない点が大変好評です。

上質なチョコレートで出来た、外側のチョコレート

なめらかなフィリングがお口の中で甘美に溶ける

といったように段階ごとに、楽しみがあります!

バレンタイン用のリンドールの販売日

2022年は1月9日

2021年は1月8日でした。

今年も同じ時期だと思います。

一番良いと思った方の感想

リンドールが一番だという方の感想を紹介していきます。

リンドールは種類によって甘さが違います!

主に以下のように味が違います。

相手の方が甘党かわからなくてもとりあえず大丈夫そうです。

ダーク2層構造になっていますが、どちらの層でもビターチョコを使用し、他のリンドールより後味がすっきりしている
ミルク一番定番商品で、看板商品になっている
ヘーゼルナッツ中の層はミルクと同じ。外側にナッツが入っている。
ホワイト内外ともにミルクが入っている。ミルキーが好きな方には、ホワイトが一番おすすめ

一番おすすめはヘーゼルナッツ

一番おすすめは、ヘーゼルナッツです。

ナッツ部分のカリッとした部分と、チョコのなめらかな組み合わせが人気です。

クランチしたヘーゼルナッツも本当に香ばしいです。

ナッツ部分以外はミルクチョコレートなので、ミルクが好きな方にはたまらないかと思います。

色は、以下のような感じです。

値段

値段は、店舗によって変わります。

・成城石井・・・一個90円

・コストコ・・・一個40円(48個入りの場合の一つあたり)

本命で渡す場合は、たくさんあるうちの一つというわけにはいかないでしょうから

だいたい一個100円と考えていた方が良さそうです。

ラッピング次第で、本命の相手にも喜んでもらえるかも【リンツ】

以下のように、ラッピングを相手の好きな色にしてみるのもよさそうです。

ラッピングを見ただけで

ワクワク感(自分に渡してくれるのか….!)と期待するくらい効果があります。

ラッピングではありませんが、クラシックギフトボックスの場合、派手ではないですが

おしゃれなので、人気だと思います。

元々の包装も、以下のように人気なので、ラッピングしたらさらに喜ばれるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

何もない自分だけど継続することはできる。
「考え方」をモットーに発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次