さくらストロベリー白玉フラペチーノはいつまで販売?カスタムや感想とともに紹介!【スタバのさくら2022】

スタバでさくらシリーズのグッズやドリンクが大変人気となっています。

そして例年通りさくらシリーズのドリンクが人気となっています。

そこで、いままでのバレンタインのドリンクと同様、カスタムをすることで、さらにおいしくなります。

その中でも人気となっているさくらストロベリー白玉フラペチーノの販売期間を把握することで今後の楽しみ方が変わってくると思います。

今回の記事では、そもそもさくらストロベリー白玉フラペチーノはどんな感想があり、どんなカスタムがあるか紹介させていただきます。

同時並行してさくら咲いたミルクラテも販売されております。

こちらにつきましては以下の記事で紹介させていただいておりますので、よかったらご参照ください。

参考までに、さくらシリーズのタンブラーやノートにつきましては以下の記事で紹介させていただいております。

目次

さくらストロベリー白玉フラペチーノの概要

まず、さくらストロベリー白玉フラペチーノの概要を紹介させていただきます。

名称さくらストロベリー白玉フラペチーノ
カロリー362kcal(tallサイズの場合)
画像以下の画像
値段\680(Tallサイズのみ)

なお、桜咲いたミルクラテの味は以下の通りです。

さくら色の白玉、ミルク、さくらストロベリー風味のソースをブレンドしたフラペチーノ®に、ホイップクリーム、さくらストロベリーシェイブチョコレート、やわらかくしっとりした食感の生八ッ橋をトッピングしました。一口飲むたびに白玉のもちっとした食感をお楽しみいただけます。

https://product.starbucks.co.jp/beverage/frappuccino/4524785494039/   スターバックス公式サイト

そして、フラペチーノの上には、生八つ橋がのっているそうです。

もちもち感がしてとてもおいしそうです。

花びらの形になっていますので、かわいくて食べるのがもったいないと思うくらいです。

ひとつひとつ入れていくのは本当に大変そうであり、とても形の整ったフラペチーノになりそうですね。

さくらストロベリー白玉フラペチーノを飲んだ時の感想は?

では、実際に飲んだ時の感想はどのようなものでしょうか。

大雑把に分けると

  • 白玉や生八つ橋のもちもち感がすごい
  • ストロベリーの味がよく出ている。
  • ちゃんと甘さも入っている

と感じているそうです。

本当に評判の良いドリンクですね。

さくらストロベリー白玉フラペチーノのおすすめカスタムを紹介!

それでは、おすすめのカスタムを紹介させていただきます。

ホワイトモカシロップ

まず、おすすめはホワイトモカシロップです。

シロップを追加することで甘さが急激にアップします。

以下のインスタにあります通り、雪見だいふく風に甘くなるそうです。

55円かかりますが、試してみると、また違うドリンクのような味になりますね。

チョコソース

次におすすめはチョコソースです。

見た目の桜色のきれいさと違って甘さが足りないと思う方もいらっしゃるそうです。

そこで、チョコソースを追加することで、甘さが補われてとてもおいしくなります。

ホイップ

次におすすめなのはホイップクリームです。

スタバのホイップクリームは甘さが十分入っておりますし、しつこい甘さでは全然ないので飲んでてすっきりとおいしくいただけます。

ホイップで山盛りにした上にさくらのチップや生八つ橋でとてもボリューミーでおいしそうですね。

さくらストロベリー白玉フラペチーノはいつまで販売される?

こうして、さくらストロベリー白玉フラペチーノがとてもおいしく、カスタム方法が多くあって楽しみかと思います。

ではいつまで販売されるでしょうか。

4月12日までです。

さくらが満開になる頃まであるそうですね。

ただ、人気となっていますので、バレンタインの生チョコフラペチーノのようにすぐに売り切れる店舗も多いかと思いますのでなるべくすぐに飲むことをお勧めします。

さくらストロベリー白玉フラペチーノのまとめ

今回は、さくらシリーズのさくらストロベリー白玉フラペチーノとおすすめカスタムを紹介させていただきました。

さくらシリーズは本当におしゃれでかわいいので大変人気となっています。

さくらシリーズはドリンクも大変人気となっています。

別機会に桜咲いたミルクラテも挑戦してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

何もない自分だけど継続することはできる。
「考え方」をモットーに発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次