アフィリエイト広告が入っています

ゴディバのチョコは本命?嬉しくないのは本当か【ホワイトデー】

ホワイトデーが3月14日でもうすぐだと焦っている方、相手の反応が楽しみと待ち遠しい方それぞれいらっしゃるかと思います。

実際、ゴディバは

ホワイトデーといえば、ゴディバにすれば無難!

ギリギリホワイトデーの日に間に合った、、

など、様々な意見があって、悩みどころといえるでしょう。

そこで、ゴディバをもらってうれしいか否か様々な意見をまとめてみました。

これから選ぶ方の判断基準になるかと思います。

(場合によっては、ゴディバがいいかわからないという方もいらっしゃるかと思います。)

それくらいゴディバは定番すぎて悩みどころなんです。

ちなみにセブンイレブンでは、ゴディバのほかに銀座コージーコーナーなど有名どころのチョコが販売されておりますので、どうしてもゴディバにしようか迷っている場合は、ほかのチョコを試してみてはいかがでしょうか。

目次

ゴディバのチョコは本命?【ホワイトデー】

まずは、ゴディバは本命かどうか記載させていただきます。

ゴディバは、チョコレートに限らず、パッケージがもうすごいです。

本当に高級感が半端ないです。

こちらのTwitterのように、箱がおしゃれで品揃えしてありますので、受け取った方には最高のプレゼントになると思います。

そもそも、同じチョコレートでも、バレンタインデーの時よりホワイトデー用のチョコレートのほうが値段が高いという話もありますので、本命である感じしますね。

ゴディバは、ホワイトデーだけでなく、以下のTwitterにあります通り、春のお菓子としても登場していますので、バレンタインデーのお返し以上の意味があります。

[quads id=1]

ゴディバのチョコレートは嬉しくない?【ホワイトデー】

さきほどは、ゴディバはホワイトデーの本命であることを紹介させていただきましたが、

高級感がかえって送るのにためらう原因にもなったりします。

ゴディバほどの高級でおしゃれなチョコレートとなると、何に送るかあからさますぎる時ありますよね。

例えば、普段は送らない人にサプライズで送る場合など、

こっそり送りたいのにゴディバってパッケージに書いてあってバレバレ

とかあると思います。

あるいは、

あまりにもおいしすぎて自分が食べたくなる!

と思うと、かえってプレゼントはもったいない気がします。

ゴディバはもらってうれしいと思うけど、相手のことを考えて気が引けるかもしれませんね。

実際、高級なものだとかなりの出費にもなります。

[quads id=2]

ゴディバのチョコレートのすごさ!もらってうれしい点は?

ゴディバのチョコレートが嬉しくないかどうか、、と紹介させていただきましたが、純粋にうれしいと思う方も多いでしょう。

ゴディバの「GODIVA」という文字が入っているだけで、高級なものでとても満足します。

持っているだけで(例えば箱とか)何か別の用途に使えたりとか考えられます。

ゴディバは、ほかのお菓子にも「GODIVA」という名前がつけたくなるくらい高級なお菓子ですね。

もらって嬉しくないという意見の中に、

「高級すぎてなんかもらうの悪い、、」

と思ってしまうほど、とても人気なチョコレートです。

ゴディバのチョコの概要【ホワイトデー】

ここまで、ゴディバのチョコが、ホワイトデーで話題となっていて、賛否両論あるとお伝えさせて頂きました。

意見はそれぞれあるとして、念のためゴディバのチョコの概要を以下紹介させていただきます。

いろいろ種類ある中で、身近で買えるセブンイレブンのチョコを紹介させていただきます。

商品名:ゴディバショコラロールクッキー キャラメル

トとラングドシャ生地で包まれ、アーモンドパウダーが生地の中に溶け込み、サクサクとした食感と深みある味わいを引き立てております。

ゴディバは世界的に有名で大好評なので、もらった方も喜ぶの間違いないですし

キャラメル風味の生地が香ばしく、優しい甘さがあります。

https://www.sej.co.jp/products/whiteday/godiva.html  セブンイレブン公式サイト
名称ゴディバショコラロールクッキー キャラメル
値段1080円
店舗全国のセブンイレブン(販売していない店舗もございます。)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

長い歴史の中で、チョコレートの華やかさと繊細さが際立っているので、歴史的にもチョコを代表するメーカーです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

何もない自分だけど継続することはできる。
「考え方」をモットーに発信していきます。

コメント

コメントする

目次